「珍遊記」で玄奘を演じる倉科カナとは

倉科カナといえば、朝のドラマの「ウェルかめ」が有名ですがこの作品で一気に知名度を上げました。大きな眼の清潔な可愛い顔立ちで男性のみならず女性のファンも多くいます。努力家で知られ、朝のドラマのオーディションを5回も挑戦し続け、ついに主役を勝ち取りました。その後は順調に様々なドラマで重要な役をつとめるようになってきました。

ドラマでの活躍のほか邦画でもいろいろな役に挑戦しています。クセのない演技で、恋愛映画では特に見る人を感情移入させることのできる役者です。その倉科カナが、「珍遊記」という大人気コミックの玄奘役をやるというので注目されています。

これは、「西遊記」をモチーフにしたパロディ漫画で松山ケンイチが主人公の山田太郎を演じています。孫悟空にあたる役柄で玄奘たちと天竺を目指す物語です。大人気コミックが原作ということもあり公開前から話題の映画でした。期待に反せず楽しい映画で、ここでも倉科カナの新しい魅力を楽しむことができます。

Copyright(c) 2016 漫画が実写化されるケースにおける邦画の特徴 All Rights Reserved.