作品への情熱が演技として表現する事ができる俳優

邦画で活躍している俳優の一人が小栗旬です。特に、漫画実写化の作品に出演される事が多いですが、どの作品も原作を読み込んでから演技をしているため、原作ファンからも評判が良い点が特徴の一つです。

主演ばかりがクローズアップされてしまいがちですが、小栗旬に関しては脇役などの演技も評判が良いです。そのため、監督のインタビューではまた一緒に作品を作りたいという声やオファーが多いため、近年の邦画では多くの作品に役者として参加しています。

小学校6年の時に自らの意思でオーディションを受けてから、エキストラを経験しながら役者としての道のりを歩み始めてきた事もあり、芝居に関しての情熱を常にもちながら活躍しています。テレビドラマや邦画は勿論ですが、舞台俳優としても多くの舞台に出演しています。また、声優としても多くの作品に出演されている事もあり、演技の仕事に関しては選り好みをする事なく関わっている俳優の一人であるといえます。

Copyright(c) 2016 漫画が実写化されるケースにおける邦画の特徴 All Rights Reserved.