邦画では珍しい今話題のホラー映画であるアイアムアヒーロー

日本だけではなくハリウッドでも漫画原作の映画が増えていますが、今話題の漫画原作の邦画の一つがアイアムアヒーローです。

漫画原作の邦画の中では珍しく、アイアムアヒーローはホラーに分類される作品です。海外では人気のゾンビ映画にジャンルとしては似ていますが、そこは日本の作品ということで普通のゾンビ映画ではありません。こういった作品ではある程度強い主人公の作品が多いのですが、この作品の主人公は漫画家でありハリウッド映画で活躍するようなタイプとは全くの真逆です。普通なら主人公にならないようなタイプのキャラを演じるのはネットでも大人気の大泉洋さんです。漫画家というホラーパニックというジャンルでは主人公にならないようなタイプですが、主人公は趣味としてクレー射撃を行っているためにゾンビが溢れる東京の中をなんとか切り抜けていくことになります。

この作品のもう一つの主人公とも言うべきゾンビも、普通のゾンビ映画のゾンビと違ってこの作品独特の味がある存在になっています。主人公の鈴木英雄役である大泉洋さんだけではなく、ヒロイン役には若手では特に期待されている女優の一人である有村架純さんや長澤まさみさんなど有名どころが抜擢されています。

原作はまだ完結していませんので、映画ではどのような終わり方をするのかわかりませんが、今まであまり邦画では見られなかったタイプの映画としてアイアムアヒーローは期待されている作品となっています。

Copyright(c) 2016 漫画が実写化されるケースにおける邦画の特徴 All Rights Reserved.