邦画となって公開された暗殺教室

暗殺教室は漫画で人気を呼びアニメ化にもされ、そしてついには邦画として実写化された教育漫画です。見たところ明らかに人間とは思えない生命物体が突然中学校の教師となって現れ、優秀な進学校の中の落ちこぼれ組みの担任を務め、徐々にその落ちこぼれ組みの生徒たちがわけのわからない教師とともに成長していくものです。

しかしその落ちこぼれ組みの生徒には国家から内密である課題を渡されており、それが「1年以内に担任教師である生命物体を暗殺すること」なのです。担任の教師がどのような存在なのかも落ちこぼれ組み以外の人に明かしてはならず、その教室の中で暗殺を生徒が行なうまさに暗殺教室が始まったのです。

しかし担任教師となった生命物体は人間業とは考えがたい力を持っており、スピードはマッハ20で速くナイフはもちろんマシンガンを打っても簡単に避けられ、どれだけ暗殺を実行しても命を奪うことができないのですが、生徒たちは担任教師の対応の良さから徐々に気持ちが開いていき一生懸命担任教師のために暗殺を続けていくという、なんだか物語を知れば知るほど首を傾げてしまう人が多いかもしれませんが、これがまた上手に教育されていくのです。

落ちこぼれで気持ちがずっと沈んで半ば人生に諦めを感じていた落ちこぼれ組みの生徒たちが、だんだん前向きになって前進していく姿は、現代の世の中から考えさせられる者があるかもしれません。1度映画が公開され人気をよんでから、さらに2シリーズ目となって新たに映画が公開されます。

アイドル山田涼介の邦画への挑戦

山田涼介はアイドルを多く輩出しているジャニーズ事務所所属のタレントであり、歌にダンスにドラマにと多方面で活躍しています。hey!say!jumpのセンターとしてグループの顔である...  詳細はここから ⇒

Copyright(c) 2016 漫画が実写化されるケースにおける邦画の特徴 All Rights Reserved.