邦画の珍遊記について考えてみましょう

邦画として人気のある珍遊記は、週刊誌で連載されていた逆ギャグ漫画です。昔からある西遊記を元にしてギャグ漫画化された大変興味深い作品になっています。1990年から1992年の漫画雑誌に連載されていたもので、ある有名人はこの漫画が大好きでラジオ番組で宣伝したために、一瞬のうちに世の中に広まりました。

2016年には映画化が決定されています。漫画の構成として、主人公の山田太郎はもともと凶悪でいろいろな妖術を使い、周りから恐ろしがられていました。しかし玄じょうとの戦いによってその妖術は無くなってサルの姿にされてしまい、結局玄じょうのお供になって一緒に天竺を目指すという物語です。破天荒というか波乱万丈なストーリーであり、この漫画を読む人達は必ず吸い込まれてしまいます。

非日常的な構成からみても、子供から大人まで夢を見ながら楽しむことができるという、本当に楽しいギャグ漫画に仕上がっています。これほどの内容ですので、映画化されるのは至極当然です。西遊記を題材とした漫画はドラゴンボールなどほかにも有名なものがありますが、この珍遊記はドラゴンボールなどと並んで世の中に一番受け入れられ、人気の高いものになっています。

子供にとって、このような夢のある漫画は友達同士で話題にもなりますし、想像力をかきたてられる漫画でもあります。世界に誇ることができる邦画の代表作だといえます。まだこの物語を知らない人達には、是非珍遊記の漫画や映画をご覧になることをお勧めします。

「珍遊記」で玄奘を演じる倉科カナとは

倉科カナといえば、朝のドラマの「ウェルかめ」が有名ですがこの作品で一気に知名度を上げました。大きな眼の清潔な可愛い顔立ちで男性のみならず女性のファンも多くいます。努力家...  詳細はここから ⇒

Copyright(c) 2016 漫画が実写化されるケースにおける邦画の特徴 All Rights Reserved.